何よりも子供が好きなのであれば保育士の求人に挑戦してみよう

Finding employment News

保育士として働くメリット【働き口に困らない求人】

介護士の資格を持っていれば保育士に転職するのもアリ

将来的に、介護士の資格を持っている人を対象に、保育士資格の試験の一部を免除しようとする動きがあります。もしこれが実現すれば、将来の転職の選択の幅が広がるでしょう。なお、保育士には向いている人と向いていない人があります。向いている人の特徴について記載しましたので、参考にしてください。

保育士として適性がある人

no.1

子供好き

子供が好きな人にとって、1番向いている仕事と言えます。逆に子供が苦手であれば、適性がないので検討することもやめた方がいいかもしれません。また、どんなにキツくても、子供と接すれば元気が出てくるような人は、長く仕事を続けられると思います。

no.2

体力がある

保育士というのは、想像以上にハードワークです。子供と遊ぶことはもちろんのこと、重い荷物を運ぶことも日常茶飯事です。そのため、体力がある人が求められます。

no.3

オーバーリアクションがとれる

子供というのは、相手にリアクションすることを求めます。そこで、オーバーリアクションをきちんとできれば、子供も喜ぶでしょう。

no.4

精神的にタフ

子供の排泄物を処理したり、時には保護者からの苦情を処理したりなど、保育士の仕事は思っている以上に重労働で大変な仕事です。そのため、精神的に強い人が良く、へこたれないハートを持っている方は保育士として適性があると言えるでしょう。

no.5

接客が得意

子供だけでなく、保護者とも接しなければいけません。保護者に対しても、きちんとした態度で接することができるよう要求されます。

何よりも子供が好きなのであれば保育士の求人に挑戦してみよう

子供たち

保育士は就職先に困らない

待機児童の問題もあり、保育士の数は慢性的に不足しています。そのため、保育士の資格をもっていれば、就活には困らないでしょう。埼玉エリアには、保育士を募集している求人がたくさんありますので、一度確認してみるとよいです。

男性からの印象も良い仕事

保育士は母性があって家庭的なイメージがあります。そのため、男性にも良い印象を与えることができるのです。また、もし結婚するとなった時も、相手のご家族にも安心してもらうことができます。

間近で子供の成長を見守ることができる

子供の成長は早いものです。一緒に泣いたり笑ったり、昨日できなかったことが翌日出来るようになったり、感じたことを共有できます。子供が成長していく姿を見ることができるのは、何よりのやりがいでしょう。

仕事で得たものを子育てにも活かすことができる

保育士は子供と接するのがお仕事です。そのため日々色んな経験をすることでしょう。職場で経験したものは、自身の子育てをするヒントとなり得ます。上手く活かすことができれば、良い人間に育ってくれるでしょう。

認可保育園と無認可保育園の特徴を比較

認可保育園

国や地方自治体から認可を受けた保育園のことを指します。もし認可を受けた公立の保育園で保育士として就職できれば、公務員として働くことができます。

無認可保育園

認可保育園とは逆に、国や地方自治体から認可を受けていない保育園のことを指します。主に個人や民間企業が運営をしています。